読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Product

Stripeを使って新規SaaSを立ち上げた話をした

Stripe User Community (#JP_Stripes) の第1回ミートアップに登壇した。 Stripeは非常に良く出来ていて、組み込むだけならすごく便利。ただStripeを使ったからといって、ビジネス要件に起因する課金や決済フローの設計は頭を使う必要がある。言い換えれば、S…

母校でプロダクト作りについて講義をしてきた

既に1ヶ月近く前だけど、年始に函館にある母校の先生に呼んでいただいて、大学院生向けの科目のなかで1コマ分講義をしてきた。 先方のオーダーを踏まえて、Web業界の事業会社という文脈で、プロダクト開発をどう捉え、どのような手法で、どんな問題に立ち向…

サポートとのやり取りから見える Intercom の思想

いま携わっているプロダクト内で、Intercom をがっつり使っている。個人的にもすごく好きなサービス。最近ちょっと面白いなと思うことがあったのでまとめてみる。 Intercomとは Intercomはカスタマーサポート (CS) 向けのSaaSで、チャット形式のサポートツー…

確かめながらつくるユーザー体験 #CookpadTechConf

先日、Cookpad TechConf2016という自社カンファレンスに登壇しました。150名以上の方の前で話すのは初めてでした。発表資料とともに、なぜこの話をしたのか、という背景をまとめておこうと思います。 なぜこの話をしたか 昨年5月からスタートアップに出向し…

Inspired 顧客の心を捉える製品の創り方を読んだ

顧客の心を捉えるためのサービス開発についての本。特にサービス開発における、プロダクトマネージャー (PM) の役割について掘り下げられている。 自分は普段PM兼エンジニアをすることが多いので、PMの役割そのものよりも、他の役割を持つ人(特にデザイナー…

デザインイノベーションの振り子を読んだ

ひさびさのブログ。 少し前だけどtakram design engineeringのデザイン・イノベーションの振り子を読んだ。 内容的には企業のPR本だけど、普段サービス作りをエンジニア(もしくはPM)という立場で関わる自分が、最近もやもや考えていたことがバシッと言語化…

サービス開発におけるUXデザインを要素分解する

UI/UXデザイナー? Webサービス開発において、「UI/UXデザイナー」という肩書をよく目にする。なんとなくデザイナーというと、「イラレやフォトショを使う人」をイメージしてしまう。僕もそうだった。 確かにUIは目に見えるため、UIをデザインする上ではイラ…

「ピクサー流創造するちから」をサービス開発者視点で振り返る

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法作者: エド・キャットムル著,エイミー・ワラス著,石原薫訳出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2014/10/03メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (10件) を見る …